医療用ウィッグは抗がん剤など薬の副作用により脱毛をした人のためのウィッグです。薄毛、または抜け落ちた部分を隠すため、気軽な髪型変更を楽しむためのオシャレ用ウィッグと外見上は大きな違いはありません。しかし病気の治療はそれだけでも大きなストレスとなりますし、脱毛の副作用は精神的にも辛いものです。その治療を明るく乗り切るためにも、医療用ウィッグには快適さが求められます。医療用ウィッグはオシャレ用ウィッグと比べて通気性やフィット性に優れているものが多いです。その分値段も高めですが、長く愛用するものですから愛着のわく医療用ウィッグを選びましょう。

アレンジ値段は使われている毛の材質によって変わり、一般的には人毛を使ったものは高く、合成繊維で作られた人工毛のものはそれよりも安く販売されています。最近では人毛と人工毛が混ざったミックス毛の医療用ウィッグもあります。人毛は実際の髪の毛と同じようにカットしたり、ドライヤーやパーマなどのアレンジが可能です。人工毛は熱に弱いためドライヤーでの手入れには向きませんが、カットによるアレンジは可能です。

医療用ウィッグはオシャレ用ウィッグに比べて高価な事が多いです。質が重視されているため仕方がないのですが、金銭的負担を感じる事もあるでしょう。医療用ウィッグは薬の副作用による脱毛開始~治療終了し髪の毛が生え揃うまでの期間で使われます。これがどれだけの期間になるかは個人差があります。もし治療期間が短く済む場合は購入ではなくレンタルする方法もあります。レンタルの場合は使用期間で値段が決まりますし、別の髪型を試したい場合などでも気軽に違う医療用ウィッグへ変更する事もできます。