レンタル

治療の副作用による脱毛の場合、治療を終えると再び髪が生えてくる事が多いです。その場合、治療を終えて髪の毛が生え揃えば医療用ウィッグは不要になります。医療用ウィッグはオシャレ用ウィッグに比べて高価な事が多く、治療期間が短い場合は割高になる事もあります。医療用ウィッグはレンタルできる場合もあります。レンタル期間により料金が変動するので、使用期間が短い場合はレンタルの方がお得です。

ウィッグレンタルのメリットは使って装着感が合わない場合や、他のウィッグを試したくなった場合に気軽に他の医療用ウィッグに変更できるところです。髪色や髪の長さなど髪型の変更も気軽にできるので、オシャレの幅が広がり、治療中でも楽しく前向きに過ごせるメリットがあります。

脱毛の症状が軽い場合、普段は医療用をウィッグをつけない人もいます。結婚式など特別な時だけ医療用ウィッグを装着したい場合も、レンタルなら気軽にできます。また医療用ウィッグは高価で、特に高級と呼ばれる医療用ウィッグはなかなか手が出せないという人も多いです。そんな人でも、レンタルなら安価で高級衣料用ウィッグを試す事ができます。レンタル会社によっては1日無料でレンタルできるところもありますから、購入前に使用感を確認するために利用するのもおすすめです。

〔関連リンク〕ライツフォル

Posted on

値段

医療用ウィッグの値段は使われている毛の材質によって変わります。毛の材質は主に人毛に特殊加工を施した人毛、合成繊維でできた人工毛、人毛と人工毛を組み合わせたミックス毛の3タイプがあります。一番価格が高い傾向にあるのは人毛です。人毛は耐久性に優れていて、カットやパーマ、ドライヤー、カーラーでのアレンジも可能です。洗うとスタイルを維持できないため、毎日セットをする必要があります。人毛が使われているため、通常の髪の毛に一番近い形です。

人工毛人工毛は価格が安く、スタイルも崩れにくい利点があります。熱や摩擦には弱いため、ドライヤーなどでのアレンジには向きません。毛先が縮れる傾向もあるため、ロングヘアにも向きません。しかし人毛と同じようにカットは可能なため、ヘアアレンジを楽しむ事は可能です。

最近増えているのは人毛と人工毛が混ざったミックス毛で、人毛と人工毛の間の価格設定が多いです。それぞれがどれだけの割合で含まれているかにより値段は変動します。人毛が3割~4割含まれている場合が多いです。医療用ウィッグの価格は既製品かセミオーダーかフルオーダーかで値段が変わります。当然既製品が一番安く、セミオーダー、フルオーダーと値段が上がります。

Posted on

購入

医療用ウィッグはよく出回っているオシャレ用のウィッグと比べて高額である事が多いですが、長期的な使用が考えられる場合は購入した方がお得になる事が多いです。購入する場合は、販売店にもよりますが長さや髪色などオーダーできる場合も多く、自分の頭の形や大きさに合わせたオーダーメイドに近い医療用ウィッグを購入する事も可能です。これも購入のメリットの一つで、また自分にぴったりと合った医療用ウィッグなら愛着もわき、病気の治療も前向きに取り組めることが多いです。

医療用ウィッグ単なる気持ちの問題と思う人も多いですが、病気の治療にはこの気持ちが大切です。特に脱毛の副作用のある治療の場合、女性はその脱毛によってうつ病や引きこもりになる事もあります。気持ちが沈むと治療の妨げとなる場合があり、完治が遅れる可能性も出てきます。愛着のわく医療用ウィッグを購入しておく事で、自由に外出もでき、気分転換でストレスをこまめに解消する事ができます。

購入費用を少しでも抑えたい場合は、セミオーダータイプではなく既製品を選ぶ事で比較的安価で購入する事ができます。既製品でも医療用ウィッグはオシャレ用ウィッグに比べてフィット性や通気性に優れている商品が多いです。

Posted on

医療用ウィッグとは

医療用ウィッグは抗がん剤など薬の副作用により脱毛をした人のためのウィッグです。薄毛、または抜け落ちた部分を隠すため、気軽な髪型変更を楽しむためのオシャレ用ウィッグと外見上は大きな違いはありません。しかし病気の治療はそれだけでも大きなストレスとなりますし、脱毛の副作用は精神的にも辛いものです。その治療を明るく乗り切るためにも、医療用ウィッグには快適さが求められます。医療用ウィッグはオシャレ用ウィッグと比べて通気性やフィット性に優れているものが多いです。その分値段も高めですが、長く愛用するものですから愛着のわく医療用ウィッグを選びましょう。

アレンジ値段は使われている毛の材質によって変わり、一般的には人毛を使ったものは高く、合成繊維で作られた人工毛のものはそれよりも安く販売されています。最近では人毛と人工毛が混ざったミックス毛の医療用ウィッグもあります。人毛は実際の髪の毛と同じようにカットしたり、ドライヤーやパーマなどのアレンジが可能です。人工毛は熱に弱いためドライヤーでの手入れには向きませんが、カットによるアレンジは可能です。

医療用ウィッグはオシャレ用ウィッグに比べて高価な事が多いです。質が重視されているため仕方がないのですが、金銭的負担を感じる事もあるでしょう。医療用ウィッグは薬の副作用による脱毛開始~治療終了し髪の毛が生え揃うまでの期間で使われます。これがどれだけの期間になるかは個人差があります。もし治療期間が短く済む場合は購入ではなくレンタルする方法もあります。レンタルの場合は使用期間で値段が決まりますし、別の髪型を試したい場合などでも気軽に違う医療用ウィッグへ変更する事もできます。

Posted on